小さい小さい針の穴からのぞいた長崎の風景と日常の小さなしあわせ


by miifaiyu

秋ですね〜。

b0202683_2281884.jpg


くんちも終わり、秋本番。
石焼芋屋さんなんかもいたりして。

夏の間に冷たいもの飲み過ぎたつけが
やってきたようです。
咳が出たり風邪ひいたりしてませんか?
秋は肺や大腸が弱りやすい季節。
大腸が弱ると皮膚に症状が(アレルギー、肌荒れなど)
肺が弱ると鼻炎、せき、たんが出たりするそうです。

ということで秋に食べるといいものは...
白くて辛くて根のもの。
大根、白ネギ、タマネギ、生姜など。
里芋や人参、ごぼう、レンコンなどの根菜類もね。
けんちん汁にすると全部いっぺんに取れますね〜。
山形名物芋煮はまさに秋から冬にかけてぴったりの食べ物なのかもです。

そして大いにゆらいで笑ってときめきましょう〜!!
マクロビオティックの創始者桜沢如一先生は
「遊ばざるもの食うべからず」と言っています。
常に新しいことにチャレンジして、面倒くさいことに
飛び込んでみること。
そのためには胃腸を丈夫にすること(腹をくくって、腹がすわるんだそうです)
胃腸が悪い人は頑固で頭が固く、新しいことを受け入れられないのだそうです。
うつ病は腸をキレイにすると治るとマクロビ的には考えます。
胃腸がよくなって腹がすわると何事も素直に受け入れることが出来て、
粋に心ときめいて生きることができるというわけです。

先のことを必要以上に心配するのを止めて、
今ここにただただ生きること。
[PR]
by miifaiyu | 2011-10-14 22:30 | たべもの